ジャパンホームビデオ株式会社
トップページ 最新リリース DVDタイトルのご案内 ビデオタイトルのご案内 通信販売 リンク 会社案内 サイトマップ
 
スペース・サタン
SATURN 3

閉じられた宇宙ステーションで緊迫したサスペンスが展開!

名手スタンリー・ドーネン監督と豪華キャストで贈るSF大作。

ストーリー 土星の第3衛星に存在する辺境のサターン3に建設された宇宙基地タイタン。
アダム(カーク・ダクラス)とアレックス(ファラ・フォーセット)は、食糧研究のための任務に就いていた。そこへひとりの男ベンソン(ハーヴェイ・カイテル)がやってくる。男の目的は土星の食に紛れて、サターン3を制圧すること。ベンソンは自分の片腕とすべく、ロボット・ヘクターを創り出すが…。
解説 SFの世界では、ロボットやコンピュータが意志を持つという設定は古典となっているが、映画でも
古くは「メトロポリス」('26)から 「2001年宇宙の旅」('68)、近作では「アンドリューNDR 114」('99)、「A.I.」(2001)など数多い。本作品も 「スター・ウォーズ」('77)でアカデミー賞美術・セット装飾賞を受賞したジョン・バリー原案の「ロボット」ものSF映画である。ジョン・バリーの初監督作品となるはずだったが、実際の製作以前に病死、名手スタンリー・ドーネンが後を継いでメガホンを取った。本作はドーネン監督後期の作品で、プロデュースをも兼ねている。
原題の「SATURN 3」は、土星の第3惑星という意味。同時に正に悪魔(Saturn)と化すロボットのへクターを暗示している。またタイタンで研究されているのは食糧問題であるが、ローマ神話ではSaturn(サトゥルヌス)は農耕の神。さらにアメリカではSaturn(サターン)は、衛星・探査用ロケットの意味もあり、「SATURN 3」は実に巧妙なタイトルと云えよう。
キャスト アレックス…ファラ・フォーセット  アダム…カーク・ダクラス  ベンソン…ハーヴェイ・カイテル
スタッフ 監督・製作:スタンリー・ドーネン 製作総指揮:マーティン・スターガー ストーリー:ジョン・バリー
脚本:マーティン・エイミス 撮影:ビリー・ウィリアムズ 音楽:エルマー・バーンスタイン
1980年アメリカ映画/ITC作品/ビスタサイズ(1×1.85)/カラー/ステレオ/88分/日本公開日:1980年10月10日(配給:東宝東和)
■オリジナル予告編付 ■チャプター付
発売日 2003/2/21
受審・発売元 ジャパンホームビデオ(株) 販売元 ジェネオンエンタテインメント(株)
\4,700(税抜)
PIBF-7470
88分
片面・1層ディスク
MPEG2
COLOR
レンタル禁止
複製不能
英語/2chステレオ
日本語字幕
ビスタ・サイズ
NTSC
日本国内向
JAPAN
SALES ONLY

プライバシー保護について 

ジャパンホームビデオ株式会社